HONDA Rebel250 S Edition納車〜乗った感想〜

HONDA Rebel250 S Edition納車〜乗った感想〜

どうも、Bodomchildです。

今日は、Fun With My Hobby〜趣味の部屋〜という事で、

購入したバイク Rebel250 S Editionのことを書いてみようと思います。

 

購入したバイクは、HONDA Rebel250 S Edition

以前、HONDA Shadow400を所有していました。

こんなやつ。これで400ccなんですよね、カッコイイ!

こういったバイクが好きな理由はこちらを見てください。

ですが、引越しを機に駐車場に収まらないから手放さなくてはならなかったという。。。

(無駄にデカいんだよ!と言えない。笑)

良いバイクで気にいっていたので残念でした。。。

車も所有しているのですが、車の方は通勤で使うので車を第一優先するしかなかったんです。

そんな中、暖かくなってきた今年の4月頃にないげなく「バイクのネットサーフィン」をしているとHONDAからRebel250 S Edition(以下、レブル)が出たという情報を得ました。

見た瞬間に、

「乗りたい!欲しい!」

そう思いました。

次の日にはバイク屋に行きました。笑

そこで、大きさを知ると、ギリ駐車場に収まるという、

もはや、神が俺に買えと言っているとしか思えない状況!笑

で、

バイク屋に言ったその日に購入を決めました!!!!

※レブルは、今最も人気のある250ccバイクということと、コロナの影響で、納車までに4ヶ月かかりました。

バイク屋店員曰く、相当売れているみたいです。

 

Rebel250 S edition 仕様

詳細は、HONDAのRebelのサイトへ観にいっていただければと思います。

ノーマルレブルとの違いを書きますと、以下になります。

※ここで言っているレブルは、20年モデルです。

▪️主な仕様

エンジン:水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒250ccエンジン

全長:2,190 mm

全幅:820 mm

全高:1,090 mm

シート高:690 mm

重量:170 kg

《以前のモデルの違い》

・LED化(ヘッドライト/ウインカー/テールランプ)、

・φ100mmの小型反転液晶メーター

 (ギアポジションインジケーター/燃費表示/左右独立点滅式のウインカーインジケーター追加)

・アシストクラッチスリッパークラッチの採用

・クラッチレバー形状

・サスペンション仕様の変更

 

▪️ノーマルレブルとの違い

追加装備

・ヘッドライトカウル

・フォークブーツ/フォークカバー

・ブラウンのシート

※いずれもアクセサリーパーツとして、ノーマルレブルからカスタム可能です。

 

なお、S editionを選ぶときの注意点としては、マットアクシスグレーメタリックに固定になることです。

20年モデルのレブルは、元々3色しかないので、好み次第ですね。

 

乗った感想

1,500kmを走った私の感想になります。

燃費は35km/ℓですね。

運転がしやすい!

単気筒でトルクが強く、250ccということを感じさせない。

元々、Shadow 400だった身からすると、走り出しのスムース感が半端ない!

Shadowの時は、信号スタートで原付に負けまくりですからね。笑

あとは、完全なクルーザータイプ/アメリカンタイプというよりは、以前HONDAが出してたVT400とかに近い印象。

クルーザータイプ/アメリカンタイプ何ですが、ネイキッドぽい操作性があります。

とにかく、運転しやすい。

足つき性も両足ベタ着気なので、安心感抜群!

走行中もタイヤが太いので、安定性があります。

初心者にはオススメの機種と思います。

 

Rebel S Editionの良いところ

《私が感じた良い点》

・見た目が超カッコイイ

・運転しやすい

・足つき性が抜群

・取り回しが楽

・カスタムパーツが豊富

・見た目が超カッコイイ

文句なしですね、写真を見ていると欲しくなってくるでしょ?

しかもこの格好良さで250ccですよ!

駐車場的にも経済的にもドンピシャ!

・運転しやすい

重心が低く、車体も適度な大きさでかつ、曲がる時はサクサク曲がる感じ。

クルーザータイプ/アメリカンタイプの比べると、圧倒的に曲がりやすい。

・足つき性が抜群

信号待ちで両足が地に着くのでフラフラすることがほぼ無く、安心感があります。

私は身長が176cmくらいですが、膝が曲がった状態で地に着きます。

・取り回しが楽

車体が大きすぎず、クルーザータイプ/アメリカンタイプでは苦であったUターンが楽です。

街乗りでもオススメできるバイクです。

・カスタムパーツが豊富

カスタムパーツありきで設計されたのかって暗い、とにかく豊富にあります。

私が乗っていたShadow 400もいっぱいあったのですが、古い機種だったので、中々売ってませんでした。

自分も既にいくつかカスタムを施しました。

また別記事で書いていきたいと思います。

 

Rebel S Editionの悪いところ

《私が感じた悪い点》

・振動がすごい

・高速道路走行だと物足りなさを感じる

・足のステップの位置が微妙(違和感がある)

・身長によってはハンドルが遠く苦痛

・振動がすごい

単気筒というところもあり、振動がダイレクトに伝わってきます。

乗り始めはそうでも無いのですが、長時間乗っていると、腕が痺れてきます。

Vツインエンジンようなドコドコといった振動ではなく、ジンジンくる振動ですね。(分かりやすいのか?笑)

長時間乗っていると、お尻にもダメージがあります。

・高速道路走行だと物足りなさを感じる

80〜90km/h 巡航で運転する分には全然問題ありません

むしろ、タイヤが太い分、安定しているので楽です。

ただ、追い越しをしようと思うと、キツイです。

同じ排気量のスポーツバイクとは違い、パワーが足りないと感じます。

また、クルーザータイプ/アメリカンタイプの宿命ですが、風をまともに受けるので相当辛いです。

まぁ、私はゆったりと運転するのが好きなので全然問題なしです。

(じゃないと、Shadow400なんて乗ってられない。。笑)

スピードは求めてはいけない。

・足のステップの位置が微妙(違和感がある)

クルーザータイプ/アメリカンタイプですが、足を目の方に投げ出すタイプではないので、身長が高い人は窮屈に感じるかもしれません。

私の身長176cmですら、少し感じました。

慣れが必要と思われます。

・身長によってはハンドルが遠く苦痛

私の身長176cmではそこまで苦にならないのですが、ライディングスタイル的に腕を伸ばしっぱなしになるので、人によっては振動+疲労で非常に疲れると思います。

 

番外編:Shadow400との違いetc

Shadow400で慣れ親しんだ私の独断と偏見です。笑

・デジタルメーターに慣れない

古いバイクはタコメーターです。

タコメーターはロボットの操縦席感を演出してくれるし、回転数とかも見れるので私は好きです。

デジタルだと、その感覚がなくなるのでタコメーターつけたいなぁ。

完全な好みの問題。笑

・エンジン鼓動が違和感

Shadow400は、Vツインエンジンで「ドコドコ」という鼓動が魅力でした。

ですが、レブルは、「トットット」というようなカブに近い感じ。

違った味があり、気に入っていますが、ふとした瞬間に「あれ、耕運機みたいな音が聞こえる」と感じたことがあります。笑

ハーレー乗ってた人からすると、違和感はもっと半端なくなるはず。

・シーソーペダルクラッチに慣れた私には違和感

Shadow400はシーソーペダルクラッチでした。

爪先で踏んでギアを落とし、踵で踏んでギアを上げるというもの。

慣れるまで時間かかりましたが、慣れたら超絶楽なんです。

靴がダメージを受けることが皆無。

これがレブルになり、すべて爪先で行うタイプ。

逆に違和感。笑

Shadow 400に慣れてしまった結果ですね。笑

・ステップがないのが違和感

Shadow400は、走行中、足を置くところがステップでした。

平地に足を乗せてるのと変わらない快適さが生まれます。

カーブの時(特に峠で)は、ステップが邪魔で道路とステップが擦れて火花が散ることもあります。

そういったスリル(?)を味わうこともできました。

レブルはただのバーですので、違和感があります。

カスタムパーツが出ることを祈るのみ。笑

 

初期不良?:デジタルメーターの時計が都度リセットされる問題

番外中の番外です。

私のレブルだけかもしれません。

デジタルメーターに時計があるのですが、それをセットし、走行し、コンビニに止まり、

エンジン切ってから20分くらい経過してからエンジンをつけると、必ず時計がリセットされるという不具合がありました。

原因は、カプラーの接触不良だったのことで、新品位取り替えて解決しました。

時計がなくても走行に関係はないのですが、地味にストレスを感じました。

私だけなのかな?

 

余談:コンビニでの出来事

ツーリング途中にコンビニ寄った時に2回ありました。

コンビニで用を済ませて、レブルのところへ戻ると、70代後半くらいの老人がレブルをジーっと見ていました。

私「どうしました?」

老人「いや〜、今時、単気筒エンジンで新車って珍しいなと思って。このバイクは最新のやつなのか?」

私「そうです。HONDAから出てるレブルというバイクです。」

老人「へぇ〜、良いバイクやね。それにこのタイプは初めて見たわ〜。」

私「昔、レブルという同じ名前のバイクがありましたが、あれは2気筒だったんですよね」

老人「ああ!あのバイクは良いバイクだった!(自分も)若かったら買うのになぁ。良いもん見れたありがとう、ニイちゃん」

いや〜レブルは老若男女いけますね!笑

 

まとめ

私が購入したバイク、Rebel250 S Editionの乗った感想でした!

良いところ、悪いところとありますが、カスタムで結構解決できることが多いので、

これから、カスタムにも精を出して位行きたいと思います。

これを機にShadow400にも興味持っていただけると幸いです。笑

ほな