日本とドイツの年末年始

今年は夏にドイツ帰省するのでテンションが上がっている、どうもBodomchild (@Bodochild1)です。 大分遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます! Alles gute fur 2019! ってことでね、無事に新年を迎え2019年が走り出した分けですが、 今年は、日本で年越しをしました。 妻にとっては、日本で初めての年越しとなりました。 2018年は私がドイツの年越しを […]

「海外かぶれ」はなぜ人をイラつかせるのか考察してみた

冬になるとドイツのおばあちゃんに会いたくなります、どうもBodomchildです。 学生時代は定期的に遭遇していた、俗に言う「海外かぶれ」ですが、 社会人でもしっかり耳を傾けていると、結構いますね。 私も国際結婚したことによって、かぶれていると思ってます。 この「海外かぶれ」、人によっては非常に不快感を持たれます。 今日は、その「海外かぶれ」について、考察していきたいと思います。 あくまで、私的意 […]

ドイツ人妻から聞いた「ここが変だよ、日本人」

最近私の周りで海外移住が増えている、どうもBodomchildです。 自分も日本を脱出したいと思う今日この頃、別に計画はないけど。笑 我々夫婦は、普段からあまりTVは見ない派です。 好きな番組限定で見るくらいです。 そんな状況になったのは理由があり、それは外国人目線ならではと思いましたので、今日はそれをご紹介します。   理由①:「飯食ってるだけやん!」 これを言われた時は、「ハッ」とし […]

ドイツ人のクリスマス

ダイエットは難しいと感じる、どうもBodomchildです。 ドイツ人妻が一年の中で一番テンションの上る時期がクリスマスシーズンになります。 日本人の私からすると、「え、そんなに!?」とビックリするくらいのテンションの上りようです。 初めはその温度差にヒキました。笑 そんな、ドイツ人のクリスマスについて、今日はご紹介します。 ドイツ人のクリスマスへかける思い 多くの日本人にとっては、ケンタッキーと […]

野口英世に見る、日本人男の国際結婚

お笑い芸人の金属バットにハマり中、どうもBodomchildです。 3回に渡って、少なく見られがちな日本人男性の国際結婚を紹介してきました。 知れば知るほど、素晴らしい夫婦の数々です。 前回の新渡戸稲造さんに引き続き、昔の偉人編 第二弾をご紹介いたします。 本日は、野口英世さんです!   1000円札の肖像画、野口英世 私が野口英世と聞いて思い浮かべるのは、「1000円札」と「黄熱病研究 […]

新渡戸稲造にみる、日本人男の国際結婚

最近、寒いしか言ってない気がする、Bodmchildです。 有名人における、日本人男性の国際結婚で、竹鶴政孝さんと蝶野正洋さんをご紹介してきました。 素晴らしいご夫婦の数々でしたね。 日本人男性の国際結婚も意外とあるもんです。 この勢いに乗って、昔の偉人編ということで、勝手にご紹介していこうと思います。 本日は、新渡戸稲造さんです。 旧5000円札の肖像画、新渡戸稲造 私が新渡戸稲造と聞いて思い浮 […]

プロレスラー蝶野正洋に見る、日本人男の国際結婚

いつ間にか11月になって居るが口癖、どうもBodomchildです。 前回の「マッサン」に引き続き、現代の日本人男の国際結婚を見て行きたいと思います。 今日は日本人男性と外国人女性のカップルで、「マッサン」と似ていると言われる有名人の方を紹介します。 しかも、日本人男性とドイツ人女性のカップルです! その方は、プロレスラー 蝶野正洋さんです。    黒のカリスマ蝶野正洋 元新日本プロレス […]

「マッサン」に見る、日本人男の国際結婚

寒くなり、朝が辛くなってきた、どうもBodomchildです。 私たち夫婦は、日本人男性とドイツ人女性のカップルです。 以前の記事の中で書きましたが、日本国内における国際結婚数はその数字だけ見ると、さほど珍しくない世の中になっています。 外国人配偶者出身国別にみると、アジア出身者が圧倒的に多く、その他の地域に関しては以前として少ない実情があります。 自分がドイツ人妻と結婚していることもあり、そんな […]

ドイツの役所事情

もうコタツ出そうか悩み中、どうもBodomchildです。 前回、“ドイツ人妻との国際結婚1年で感じた3つのこと”の記事の中で、“手続きの面倒くささ”が一番困ったことだったと紹介しました。 実際に体験したことを思い返せば返すほど、日本の感覚とはかけ離れていると感じています。 国際結婚という状況ですので、余計に神経質になってしまい、疲労が溜まります。 […]

ドイツ人に絶対してはいけないこと

寒くなったのでドイツ人妻のテンションが上がり気味な、どうもBodomchildです。 今、ニュースを賑わせている、国を侮辱する発言や態度。 ちょうど、日本のドイツに関連することが連日取り上げられていて、日本だけでなくドイツ人にとっても無視できない問題だと思いました。 今回は、それを軸にドイツ人に対して、絶対にしてはいけない事をご紹介します。 あくまで、私的意見です。“Mensch argere d […]

1 2 7